+貧血

赤血球:貧血には赤血球が大きく関っています。

赤血球について
赤血球

私たちは普段なにげなく呼吸していますが、呼吸で取り入れた酸素が身体中に供給されているのは、血液中の赤血球のおかげです。よって、いくら呼吸を一生懸命行っても運搬役に元気がなかったり、数が足りないと酸素は運びきれず貧血になってしまいます。
また、情熱や興奮する気持ちを「赤」で表現されることが多いのは、血液の赤い色からきていますよね。この赤い色は、赤い色素を持ったヘモグロビンの塊ともいえる赤血球の色なのです。


赤血球とは

大きさ・数

血液中に含まれている赤血球の数は、女性の平均で1立方ミリメートル中4500000個、男性で5000000個前後です。対して血小板は150000〜400000個、白血球は4000〜10000個ですから、赤血球の割合が血液中半分以上を占めていることがわかります。また、一つの大きさは0.007mmで白血球の半分くらいの大きさです。中央がへこんだ円盤のような形をしているため、顕微鏡で見てみると真ん中が透けたように見えるのが特徴です。

生産と循環

成人の場合、毎日骨髄の中で200億個くらいの赤血球が生産されています。作られる場所は、骨の中にある骨髄ですが、血液中の酸素が少なくなると腎臓から赤血球の生産を促すホルモン物質が分泌されます。このホルモン物質が骨髄に届くと、骨髄内で赤血球が作られ始めます。そのため、腎臓は赤血球の減少や増加、生産速度に深い関わりがあります。
また、古くなった赤血球は、脾臓と肝臓で鉄とヘムとグロビンに分解されます。鉄は肝臓・脾臓で再利用されますが、ヘムとグロビンは肝臓で胆汁になって排出されます。

進化した細胞

赤血球一つ一つが細胞として存在していますが、その中には核もミトコンドリアもありません。これは、より効率よく酸素を運搬するために哺乳類独特の進化ですが、核がないため自分で増殖することができません。そのため、骨髄内で作られてから壊れるまでの120日間、解糖作用という無酸素呼吸で活動しています。
また、不思議なことに骨髄の中で作られている初期段階では核が存在します。しかし分化して血液中に出てくる時に核やミトコンドリアが飛び出してなくなってしまうのです。

ヘモグロビン

ヘム鉄とグロビンたんぱく

酸素を運搬するための“ヘモグロビン”は、酢酸とアミノ酸の一つ”グリシン”が合成される途中段階で鉄と結びついた”ヘム”という物質と、2種類の鎖状のたんぱく質からなる”グロビン”が結合したものです。
ヘモグロビンには酸素濃度が高い肺胞では酸素と結合し、酸素濃度の薄い各臓器や毛細血管では酸素を切り離す特性があります。酸素を切り離した後は、排出された二酸化炭素と結合し肺へ戻ります。

グロビンの異常と貧血

ヘモグロビンに含まれるグロビンというたんぱく質は2本のひも状になっています。成人でα鎖とβ鎖の2本ですが、脾臓で血球を生産している胎児の時期ではα鎖とγ鎖で違った状態になっています。そのため、アミノ酸配列の異常は赤血球と深い関わりがあり、遺伝子性の貧血には、このグロビンのアミノ酸配列の異常が原因となって引き起こされるものが100種類以上もあります。
特に有名なのは、黒人に多く見られる鎌状赤血球貧血で、様々な疾患が分子の異常と深く関係していることを証明した疾患でもあります。